FC2ブログ
これが私の器。
ロウケツ染めと出会って早数年。
生活の中で身近に手にするものを表現したいと考え土器作成を始めました。
蝋を焚く独特の匂いを嗅ぐと、チャンティンを持つ手が独りでに走り出します。
時間と心を込めて一つ一つ模様を蝋描きし
土の力を借りて独特の風合いを生み出していく器。『蝋器』と名づけました。
いつも新鮮な感覚で生まれてきてくれます。
その時の土の具合と相談し、柄付けしておりますので
世界に二つとして同じものはございません。

ロウケツ染め(BATIK)とは・・・蝋防染による模様染めです。(略説)

自由自在に絵を描き染めるBATIKという技法に出合いました。
現地に足を運び素晴らしい手法を目にすると共に
手間・低賃金・新技術などの問題で
その技術を受け継ぐ職人はどんどん減っていることを実感しました。

ご縁あり
めぐりあうことが出来たこの技術を残していく為
私なりの方法で一つでも多くの作品を創りたいと考えております。


皆様とお会いする機会を与えてくれたギャラリーの井上さんをはじめ
作品を創る環境を支えてくれる先生・家族・友達に感謝を込めて。
そして新しい出会いを楽しみにしております。


2009年3月 吉日 
スポンサーサイト



posted by asomezome
[食 / 器]
c (0) t (0)
thema:陶芸 - genre:学問・文化・芸術
comment
comment posting














 

trackback URL
http://cerah.blog88.fc2.com/tb.php/10-86d289dc
trackback